忍者ブログ
グダグダなブログです。 パソコンからの閲覧がメインですのでかなりの長文です。 長文に関しての苦情は受け付けません。
[26] [25] [24] [23] [22] [21]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 彼女は、目の先にあった角で消えた。

「いない…、消えた?」

 いや、消えるわけがない。彼女は、走って階段を駆け下りたんだ。
 でも、走れば音が出るはず。

 僕は、階段を駆け下り、2階へと降りた。
 この学校には、実習棟、演習棟がある。僕らがいるところが、演習棟にあたる場所になる。
 
 僕は、2階へ着くと、左右を見回した。しかし、彼女の姿はどこにもない。
 右側の突き当りには、図書館がある。僕はそこへ向かった。

「すぐ後ろにいるのに。」

 耳元で甘い声がした。彼女のものだ。僕は後ろを振り向こうとした。
「だめ。振り向かないで。」
 僕は驚き振り向くのをやめた。
「なんで--」
 言いながら後ろを振り向いた。
「いない!?」
 さっきまでいた彼女がいなかった。
 ほんの数秒。僕は、彼女にだまされたのだろうか。

「くそっ!」
 僕は、彼女をなんとしても見つけだすために学校中を駆け回った。

「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ。」
 息を切らした僕は、本来の目的であった、食堂の中にある自販機の前にいた。
「結局、見つからなかった…。」
 スポーツドリンクでノドを潤した僕は、その場に座り込んだ。

カタン…。。。

 何かが動く音がした。
 音のしたほうをみると、扉が開いている。誰か入ってきたのだろうか。

「誰かいるのか!?」
 僕が叫ぶと、もう一回、物音がした。
「チッ…。」
 僕はペットボトルをゴミ箱に投げ入れた時、
「あ~あ、結局、見つかられなかったね。」

彼女の声がした-
PR

コメント
無題
見つかられなかった
見つけられなかった
でわ
【2008/04/16 19:55】 NAME[ぽーたろー] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[04/16 ぽーたろー]
[04/12 ?]
[01/28 姉さんもどき]
[01/18 ミスタ~forest]
[10/30 姉さん]
プロフィール
HN:
佐波コウ
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1989/11/21
職業:
高校生
趣味:
読書(マンガ中心)、ネットetc...
バーコード